内臓脂肪の落とし方は食事であるものを使って酢酸パワーで落とそう!

内臓脂肪の落とし方は食事に気をつけることです。

そのポイントとして酢を摂取するといいといわれています

どんな効果があるのでしょうか?

健康調味料といわれるお酢。健康機能の効果の中で一番需要があるのが、内臓脂肪の減少です。

どんなお酢を摂取すればいいのか?

どのくらいの量?

また、どんなお酢の料理があるのでしょう。

ミツカン本社中央研究所で、科学的に実証した「酢の本当の力」を明かしています。

スポンサードリンク

内臓脂肪の落とし方は食事でお酢を使え!酢酸パワーで3つの大きな効果

1.肥満のひとの内臓脂肪の減少

2.高血圧の血圧の低下

3.食後の血糖値上昇を緩やかにする。

ここでは、1の内臓脂肪の減少について、どのようにお酢を摂取した結果を見ていきたいと思います。

一日大さじ1杯(15ml)の食酢(酢酸750mgを含む)朝晩と二回に分け朝晩、毎日飲んでもらい実際に検証した結果・・・

12週で、内臓脂肪、体重、腹囲など、血中中性脂肪が減少したという結果が得られたというのです。

このようにうれしい結果がでていますが、一体、お酢の何で、効果がでたのでしょうか?

それは、お酢に含まれている「酢酸」の力によるものです。

酸味というと、「クエン酸」と思われがちですが、実は、お酢の中には少量でしかないのです。

酢の健康機能は、ひとえに、酢酸の働きが大きいといえるのです酢酸が体内に入ると、脂肪酸の合成が制御されます。同時に、脂肪酸の燃焼も助けるのです。一挙両得の働きをするのです

内臓脂肪を落とし方は酢大さじ1杯を毎日とろう!

では、摂取するお酢の種類は、どんなものがいいのでしょうか?

それは、食酢であれば、どれでもかまわないようです。

穀物酢であれ、米酢であれ、黒酢、果実酢であれ、効果は同様です。

1日大さじ1杯(15ml)を摂取しましょう。

この量は、1日のトータルなので、何回かに分けてもいいですね。

あと、食後の血糖値上昇が気になる人は、1回の食事で酢酸を750mg摂取するといいでしょう。

また、効果を期待するならば、やはり、継続することが大事です。

摂取を旦、止めると、どの数値も元に戻っていくデーターがあります。

スポンサードリンク

内臓脂肪を落とす食酢の使い分け

穀物酢・・・

すっきりした酸味。豚肉や、鶏肉など、この酢を入れて煮込むとさっぱり仕上がります。

米酢・・・

まろやかな酸味。酢の物、ちらし寿司、手巻き寿司などに使用します。

果実酢・・・

フルーティーな酸味。手作りドレッシングに使うといいでしょう。

黒酢・・・

コクのある酸味。毎日のドリンクに取り入れてみてはいかがでしょう。

私の勤めているスーパーでも、黒酢ダイエットとしてパックで売っていますし手軽に購入することもできます。

しかも、よく、売れていますよ。

内臓脂肪を落とす酢を使った料理レシピ

穀物酢

一般的に鶏肉の甘酢にが有名です。

鶏肉手羽先6本
ゆで卵2個
ブロッコリー

しょうがやにんにくを入れ

穀物酢・・・1/2

しょうゆ・・・1/4

水・・・1/4

砂糖・・・大さじ3

鶏肉もヘルシーで、さっぱりと煮あがり食べやすいです。
意外と簡単にしかも美味しくいただけますよ。

米酢

手巻き寿司に最適です。

お米3合

米酢・・・大さじ4

砂糖・・・大さじ3~4

塩・・・小さじ2

あとはお好みの具、ハム、イカ、マグロ、キュウリ、卵焼き、カニカマなどなど、用意して、楽しく手巻き寿司にして食べてみてください。

リンゴ酢

リンゴ酢を使っては、鮭の南蛮付け、あじの南蛮付けなどに。

また、フルーツを使った、フルーツビネガーオーターを作ってもいいですね。

黒酢

ホットはちみつレモンはいかかでしょう。

米黒酢・・・大さじ1杯

レモン果汁・・大さじ1/2

はちみつ・・・大さじ1~2

湯・・・1カップ

お湯を注いで、混ぜて出来上がり。

まとめ

お酢を、大さじ1杯を、毎日摂取することで、体内脂肪が減っていくので、これは、ぜひ、取り入れていきたい毎日の食生活の習慣にしていきたいですね。

お酢を使った料理は、クックパッドで調べるとたくさんいろいろなレシピが出てきます。

ぜひ、肥満気味のお子様がいらっしゃる、お母さんには、毎日の食事を見直し、お酢の料理を作って食べさせてあげてはいかがでしょうか?

私は、ダイエットに効果があるのは、黒酢だけだと思っていました。
なぜなら、職場で黒酢ダイエットというドリンクが良く売れているからです。しかも、これが、毎日補充するくらい売れるのです

この現象をみても、黒酢ダイエットの効き目を伺うことができます。

しかし、食酢なら、どんな酢でも効果があることがわかり、料理にお酢を使ったものを、取り入れるようにしたいと思います。

大さじ1杯を、生でとりいれれば、一番いいのでしょうが、こうして毎日の食事でお酢を摂取することで、体内脂肪が燃焼させることができるのなら、ひと手間かけ、お酢料理を、毎日1品作ることで、家族の健康維持にもつながるのではないでしょうか?(^▽^)/

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする